にきびの原因と症状

にきびの原因と症状

にきびの原因と症状

にきびで困っているあなた!

まずは、にきびの原因をしっかりと理解することが重要です。

一緒に勉強しましょう!!!

では、にきびの原因を説明します。

にきびは、皮脂が多く分泌される部位にできやすい。
にきびは、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まる。

詰まった毛穴の中に皮脂や角質がたまり、この状態が黒にきび(ニキビ)(毛穴が開いて中味が見えている状態)

または白にきび(ニキビ)(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるものである。

黒にきび白にきびの状態から赤いにきびを作り出すのは、

皮膚の常在菌であるP.acnesと呼ばれる細菌である。

この細菌は皮脂を好むため、詰まった毛穴の中で増加し、皮膚の中の炎症を引き起こすタンパク質を刺激する。

このため、炎症が起きて赤くなったり、膿がたまって黄色い部分ができるという症状が出る。

また、さらに進行すると、毛穴が破れて中味が流れ出し炎症が広がることもある。その場合は皮膚の深い部分を傷つけてしまうため、炎症が治っても痕(瘢痕・あばた)が残る場合が多い。なお、ニキビのできるメカニズムは完全には解明されていない。



チョコレートが原因とする噂があるが、科学的根拠は存在しない。

思春期発生するものはテストステロンの分泌量移行に対する反応であることが多い。 ほとんどの人では、その反応は時間がたつにつれて減少する。そして、その結果、20代前半までにはにきびは見えなくなるか、少なくともその数を減じる。しかし、それがいつになるかを明確に予測することはできず、一部の人間では、にきびで30代から40代まで、あるいはそれ以降も苦しむ場合がある。また粉瘤腫というほぼ同じ原因のものが身体のいずれかの場所にできる場合もあり、場所によっては切開することも必要である。

近年、20代から30代の女性を中心に大人のにきびが悩みとなっている。

にきびの原因わかりましたか〜!!!

大人にきびとは

大人にきびとは

大人にきびとは

大人にきびとはなんでしょうか?

一緒に勉強しましょう!

まずは、

大人にきびの原因

大人のにきびは思春期の皮脂亢進によるものというよりは、角質の機能低下が原因となっていることの方が多いようです。

脂性肌よりも乾燥肌の方に多くみられるのもそのためです。


お肌が乾燥して角質層の新陳代謝がスムーズに行かないと、厚くなった角質や角質の代謝物が毛穴に詰まり、

毛穴に住むアクネ菌を元気にしてしまうのです。


大人にきびの治療
結局どうすれば、ひつこい大人のにきびを治せるのでしょうか?

それはこれだと簡単に解決できる問題ではありません。人によって肌質も、にきびの原因の違うからです。
脂性肌の人は、基本的に思春期と同じように皮脂の亢進が原因となっていることが多いでしょう。

洗顔で皮脂を溜めないようにすることや皮脂が増加しやすい動物性脂肪を控えるなどが良いと言われます。
乾燥肌の人は角質のケアが大切です。毛穴に汚れや角質のカスを溜めないようにしつつ、保湿などのスキンケアも忘れないようにします。

セルフケアではどうしても難しい部分も多いですから、皮膚科や美容外科で医師に相談することも大切です。

原因が全く違うところにあるかも知れません。大人になるとどうしても厚くなってくすんでしまう角質。

ケミカルピーリングや光線治療などもセルフケアでは難しい肌質改善効果が認められていて、有効な選択肢の一つです。



がんばって大人にきびを治療しましょう!!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。